【カードリーダー】スマホにかざすだけで電子マネーの残高確認

お財布の中にはいっている現金は数えることができますが、電子マネーのカードの残高はわかりません。

そのため朝の通勤で改札を通過するときに、電子マネーの残高不足でひかかってしまい後ろの人に冷たい視線を浴びさせられる経験をしたかも少なくないでしょう。

「電子マネーの残高がわかっていればチャージしたのに・・・」

実は電子マネーの残高を確認できるスマホアプリがあるのです。

カードタイプの電子マネーは利用した時くらいにしか残高はわかりません。

その金額をいちいち覚えている方も少ないでしょう。

そんなちょっと気になる電子マネーの残高がスマホだけで確認できるアプリがあるのです。

ではあったら便利なスマホでできる電子マネーの確認アプリとはどんなものなのでしょうか?

電子マネーの残高はどうやってわかる?

電子マネーの残高確認
今ではnanacoやSuica、楽天Edyなど数多くの電子マネーが普及しており、日常的に活用している方も多いのではないでしょうか?

ただ、カードタイプの電子マネーの場合にはすぐに残高を確認することができません。

そのため支払い時に「残高不足です」と恥ずかしい思いをすることもあります。

ではこの電子マネーの残高を確認する方法として一般的には

  • 公式サイトにアクセスし確認
  • 実際に買い物をしてみる
  • 専用のATMなどで確認

nanacoならセブン銀行ATM
SuicaならJRの券売機
WAONならイオン銀行ATM

といった方法になります。

結局のところそんなに簡単には確認できない。

この電子マネーの残高確認をスマホアプリだけでできちゃうのです!

ではこれからカード残高が簡単にわかるアプリをご紹介していきます。

残高確認がわかるアプリ3選

マルチ残高リーダFree

マルチ残高フリー
アンドロイド端末ユーザーの方にはコチラ「マルチ残高リーダFree」

マルチ残高リーダFreeのメリット

Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)といった都内の交通系ICカードは、電車やバスの運賃だけでなく、コンビニやスーパーなどの支払いでも使える便利な電子マネーカード。

今や日本全国で利用されている。しかし、いざ電車に乗ろうとしたとき、残高が足りず改札で引っかかって恥ずかしい思いをすることもある。

そんなときは日本全国の交通系電子マネーに対応しているAndroid用アプリの「マルチ残高リーダFree」を使ってみてほしい。

マルチ残高リーダFreeのデメリット

マルチ残高リーダFreeはアンドロイド専用のカードリーダーのためiPhoneではご利用いただけません。

googleplay インストール

ICカードリーダー by マネーフォワード

マネーフォワード

『ICカードリーダー by マネーフォワード』アプリは、SuicaやPASMOなど全国14種類の交通系ICカード。

appstore

Japan NFC Reader

カードリーダー

appstore

オススメのカードリーダーアプリはコレ

カードリーダーアプリの使い方